2011年2月6日日曜日

平成22年度国土交通省「手づくり郷土賞」を受賞


「大戸源流の森作り」が平成22年度国土交通省「手づくり郷土賞」を受賞いたしました。「大戸源流森の会」はじめ相原地域の協力団体と東京都の協働事業が評価され今回の受賞につながりました。

国土交通省ホームページ

平成14年12月の本会議で先行取得した都有地を、事業化前でも遊ばせておかずに有効活用できるようルールを変更するよう訴えさせていただきました。その後平成15年には「プレパーク事業」として、公園の暫定的な管理運営を地元ボランティアと東京都が協働で行っております。私も時間が許す限り整備の日には足を運ばせていただいておりますが、大戸源流森の会はじめ地元や都内からのボランティアの皆さん、休みの日にもかかわらず参加された都の職員みなさん、またボランティアの拠点整備で多大なるご協力をいただいた町田クレインライオンズさんはじめ多くの関係者の皆様に感謝です。

大戸公園も今年の4月には公園として事業化されます。引き続きすばらしい公園ができますよう、しっかりと働いてまいります。