2012年2月16日木曜日

東京電力へ「エネルギー・電力問題と電気料金値上げに関する緊急要望」を提出



2月15日に、都議会自民党として、内閣総理大臣、経済産業大臣、原子力損害賠償支援機構、東京電力株式会社に対し緊急要望を行ないました。

写真は東京電力に伺い、高津常務取締役へ要望書を手渡すところです。

都民や中所零細企業が、大変厳しい経済状況のもとにがんばっているのに、電気料金値上げありきで話がすすみ、企業への配慮が全くされていないのが現状です。
本来であれば、電力の安定供給は政府が主体的に取り組む問題であります。様々な課題がある中、エネルギー戦略を早急に示しさなければならないのですが、その取組みは遅々としてすすんでいません。こうした中、一方的な電気料金の値上げが発表されましたが、国民生活や経済活動に充分配慮した対応を行なうよう、別紙の通り要請しました。

エネルギー・電力問題と電気料金値上げについて国等に緊急要望


写真は左より、東京電力高津常務取締役、都議会自民党 宮崎章幹事長、 川井しげお幹事長代理、吉原修総務会長です