2012年9月4日火曜日

公立小中学校の冷房化事業延長と、耐震化の推進について


昨日9月4日、公立小中学校の冷房化事業延長と、耐震化の推進について要望いたしました。

本来公立学校の施設整備いついては、国の補助を受け、市町村が整備をする制度になっていますが、私自身が平成22年度9月第三定例会において小中学校の暑さ対策について、その対応を東京都としても市町村に対し支援するよう求めて以来、22年度の補正で予算化され3ヵ年の時限事業として始まりました。

しかしながら東日本大震災の影響で工事が遅れ、今年度中にすべての冷房化が終了できない状況にあります。

そこで、冷房化事業の延長を強く要望いたしました。また、小中学校の耐震化についても同様に耐震化事業の延長を要望いたいました。(要望の詳細についてはこちらをどうぞ)

町田市ではすでに耐震化に関してはH22年度中に100パーセント終了、冷房についてはH23年度中にすべての公立中学校、H24年度中に防音工事と同時に工事を進めている一校を除くすべての公立小学校に導入完了になっております。(残る一校は防音工事と同時に進めているため来年度完了予定になっております)

安東副知事に要望書を手渡す