2012年11月10日土曜日

日本聾話学校の学芸会


本日は野津田にある、日本聾話学校の学芸会にお邪魔しました。
日本聾話学校は特別支援学校の中でも数少ない私立の学校です。大変熱心に子供達をご指導いただいている学校として東京都の中でも高い評価を頂いております。
短い時間でしたが子供達の劇と作品を鑑賞させていただきました。

また、オーディオロジーについても説明を頂きました。ろうわ学校では0歳から補聴器や人口内耳を装用した教育を徹底しています。聴覚障害児にかすかに残された聴覚を生かすため、人口内耳や耳型をとって子供それぞれの耳にあった補聴器を装着するなどをして、手話を使わず耳で聞いて話す教育をめざしています。

耳で聞い理解する事は、言語発達や学業面でも大変重要です。幼いときからこうした環境で学べることは本当に素晴らしいことだと思います。

また、今年3月に東京都に対して要望した中等度難聴児に対する補聴器購入費用等助成については、来年度からの実現に向けて進んでおります。

西海校長先生と吉原修都議

様々なお話を頂きながら子供達の作品を見させていただきました

中学部の劇「タイムチケット」

幼児の聴覚を測定する事ができる設備の説明を聞く