2013年2月25日月曜日

特別養護老人ホーム「椿」竣工!!

相原の東京家政学院大学の向かい側の小高い丘の上に、見晴らしの良い170床の特別養護老人ホームが完成しました。内約50床は多床室で比較的低額な入り易く設定されクリニックも併設されています。した、2年の歳月をかけた実に住みやすさを感じられる施設です。
社会福祉法人天寿園会が母体の青森で病院や特養ホーム、保育園など手広く社会貢献をしていて経験と体力のある法人です。

町田市の高齢者率は約24パーセントで現在20の施設約1900人がこうしたホームに入所者しています。市の設置計画目標では2014年までに約2000床弱にはなるでしょう。それでもまだ1500人方々が入所を待っています。

世界でもまれな少子高齢化の進んでいる我が国の高齢者対策を世界は注目してますが、施設での介護にしろ在宅介護にしろ知恵と工夫で安心できる制度を作っていかなければなりません。
設置者の工藤理事長の長女の方は天寿園会全体のマネジャーで、福祉に対してとても知識が深く、入所される方々にとってとても安心できる施設だと感じました。

竣工式でご挨拶をさせていただきました。