2013年3月10日日曜日

多摩地域のものづくり産業の発展に向けて


町田を含めた多摩地域は大学や企業の研究機関が多く、中小零細のものづくり関連企業も多くあります。また中央高速・東名高速道路、圏央道にも囲まれた物流面でも立地は大変優れています。多摩地域の活性化のためにも同エリアに付加価値の高いものづくり産業の集積をすすめるべきです。そのためにも、税制面をはじめ中小企業が多摩地域に進出する仕組みづくりを更に進めていくべきだと考えています。

創業40年の株式会社溝上精工さんの工場を視察させていただきました。所狭しと精密機械が置かれ、各機械に1~2人が担当してコンピューター操作をしながら、若い技術者が仕事をされていたのが、何故か安心感を感じ大変印象的で た。
高い技術力と知識、経験をもとに、大量生産をする前の工業用モデル試作品製造業として、主に金属部品の加工などを手がけています。町田が誇る日本のものづくりを支えている貴重な会社です。こうした会社が安心してものづくりが出来る環境を町田でも作って行かなければならないと強く感じました。