2013年5月23日木曜日

災害時!消火栓を活用した初期消火と応急給水に向けて!

 本日、南大谷で東京都水道局主催により、常設消火栓を活用した非常時の応急給水と初期消火に活用するスタンドパイプという資機材のデモンストレーションを町田消防署指導のもと、町田市の担当職員対象に訓練を行いました。

災害時で断水した時などに速やかに水道水を届けるために、都民の皆さんが自ら消火栓等を応急給水や初期消火に活用できるよう、消火栓から給水する為の専用機材を東京都が町田市に貸与するよう決定したものです。

今年度は都内全域で500機ですが、来年度は2000機を目標に災害時、非常時の減災に努めます。今後町田市より市民の皆さんへ使用方法等を説明し訓練の機会を儲けていきます。

送水の説明を受ける