2015年6月10日水曜日

オイスカ議連でインドを訪問

5月13日から17日までの5日間、舛添都知事の親書をたずさえ、私がインド訪問団の団長として、オイスカ国際活動促進東京議員連合会メンバーで、インドを訪問し、「子供の森」計画参加校などを視察しました。

首都ニューデリーではデリー準州のアルヴィンド・ケジリワルデリー首相はじめ、政府要人と面談、環境問題や人材育成などについて意見交換しました。デリーメトロやJICAインド事務所を訪問しての日本の技術的・資金的援助の現状調査では、オイスカ北インド総局が連携して実施しているウッタル・プラデシュ州での参加型森林資源管理・貧困削除事業についても成果を確認。その事業に参加する同州アグラ市のセント・アンドリュー学校にも足を運び、教員や生徒とも交流しました。

日系企業のヤマハ モーター インディアでは、オイスカ高校留学生で卒業後に同社に入社したニディッシュ氏が、流暢な日本語で「インドと日本の架け橋になれることを誇りに思う」と挨拶。オイスカの人材育成の成果がインドの社会・経済の中に根付いていることが確認されました。