2017年6月29日木曜日

子育て政策について2つの項目に関してお答え致します。

子育て政策について2つの項目に関してお答え致します。

(1)現在東京都で抱えている「子育て環境」について、どの様な課題点・改善点があると考えているのかお答えします

核家族化が進み、地域のつながりも薄れ、家庭や地域全体で子供を育てる力が低下している。身近に相談できる人もいなく、育児が孤立化しやすい。
妊娠から出産・子育てまで切れ目なく子供と家庭を支える仕組みが更に必要となる。

(2)待機児童対策について、どの様な考えをもっているのか。また、現在の課題点と改善点をどの様に考えているのかお答えします。

誰もが必要とする福祉サービスを利用できることが必要であり、待機児童も解消していかなければならない。

近年、保育サービスの供給量は、都の様々な支援策や区市町村の努力により大幅に伸びているものの、女性の社会進出などもあり、待機児童の解消には至っていない。東京は、地価の高さと保育人材の不足が顕著であり、土地と人材の確保策も含めた都の取組を引き続き協力に進めていく必要がある。