2018年12月28日金曜日

「東京を世界で一番の都市に!」来年も全力で活動を展開して参ります

官公庁や企業にお勤めの多くの皆様が、平成最後の仕事納めを迎えられたことと思います。
都議会も今日が仕事納め。明日からは地元町田で、消防団員の皆様と共に年末警戒活動や、大晦日から元旦にかけて市内各地の神社を回ります。

今年は、地震や台風、豪雨に酷暑など、自然災害の恐ろしさを身をもって痛感した一年でした。
こうした、災害に多く見舞われた年だったからこそ、防災・減災についても都民の皆様の意識がより高まり、町田においても8月に行われた市総合防災訓練で、東京消防庁が国内で初めて導入したVR(バーチャルリアリティ)防災体験車コーナーが実現。
臨場感ある防災疑似体験によって、予期せぬ自然災害に対する防災力をより高めていただく機会になったと思います。

まさに清水寺で描かれた「災」が今年一年を表す漢字でしたが、2位にランクインしたのは「平」でした。
「平」成最後の年であり、私も視察に足を運んだ「平」昌五輪での小「平」選手・「平」野選手を始めとする日本選手団のメダルラッシュ、そして大谷翔「平」選手のメジャーでの大活躍。また、災いが多い年だったからこそ、来年こそは「平」穏無事を望む等々、様々な理由があったそうです。

これまで幾多の災害や困難に見舞われても、その都度知恵を出し、創造し、首都東京は発展をしてきました。
更に「東京を世界で一番の都市に!」を実現すべく、平成の次の時代も、いつまでも平和で笑顔溢れる東京・町田を創っていく為に、来年も全力で活動を展開して参ります。







2018年12月17日月曜日

●「都と国との実務者協議会」を設置するよう菅官房長官に要請

12月14日に税制改正大綱が発表されました。
これを受けて「都と国との実務者協議会」を設置するよう菅官房長官に要請しました。

菅官房長官からは「都議会自民党の意見をしっかりと踏まえ、協議の中にいれていく」とのお話しがありました。



国と東京都の実務者協議会の設置に関する要請

平成31年度税制改正の議論において、地方法人課税における新たな偏在是正措置が課題となり、自由民主党東京都連・都議会自由民主党として、先般、平成30年12月5日に、地方法人課税に関する議論にあたって5項目の要望を行ったところです。

今般、平成31年度税制改正において、地方法人課税における新たな偏在是正措置が決定されたところですが、前記要望の第1項目から第4項目までについては、新たな措置の考え方や仕組みの中で反映していただいたものと受け止めております。

ついては、前記要望の第5項目である「東京の活力の増進により、我が国全体の発展を促進するため、東京の重要な施策について、国は最大限協力すること」について、その具体的な推進を図っていただくため、国と東京都の実務者協議会を設置していただくよう、改めてお願い申し上げます。




2018年12月5日水曜日

●地方法人課税の偏在是正について要望活動を行いました



本日、自民党東京都連役員と都議会自民党3役は、自民党税調幹部(宮沢会長、野田最高顧問、額賀小委員長、林小委員長代理)と、石田真敏総務大臣、菅義偉官房長官にそれぞれ要望書を手交し、東京の実情を理解し、都民から理解と納得が得られる税制度となるよう要望を行いました。

要望活動後の取材に対し、都議会自民党吉原幹事長は、「地方も東京も日本の活力となるような税制度を作っていただきたいと要望した。」と述べました。





●ほう素・ふっ素等に係る暫定排水基準適用期限の再延長及び一律排水基準適用に向けた技術開発推進等に関する要望

水質汚濁防止法に基づくほう素・ふっ素等の暫定排水基準が来年6月に適用期限を迎えます。暫定基準の適用を受けている電気めっき業は都内23区に約330の事業場が集積し、市街地に立地し、狭あいな敷地が多く排水処理用スペースを見出しにくい実情があります。

一方、こうした事業所でも導入できる安価で実用的な排水処理技術には特段の進歩があったとは言い難く、一律排水基準が適用されると、多くの中小零細企業がその対応に苦慮することになります。

このため、本日(12月5日)、都議会自民党は、暫定排水基準を再延長し、一律排水基準適用に向けた技術開発を推進し、必要な財政措置を国に求めるよう、都知事に要望いたしました。

2018年11月26日月曜日

●相原まちづくり協議会の皆さんと共に町田街道整備に関する要望書提出

東京都へ対して、相原まちづくり協議会の皆さんと共に町田街道の整備について、下記の要望書を手交してまいりました。
                      
平素より、相原町のまちづくりにご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。相原町もJR相 原駅の駅舎の建替工事や駅西日の駅前広場の整備も終り、きらぼし銀行から駅西ロヘ入る都市計画道路の整備もあわせて終わりました。駅東口につきましては都道町田街道の相原郵便局前より東口駅前広場に行く進入路の線形及び幅員について確定し、今年度中には町田市において路線測量が行われる予定であります。また、東京都においても大戸踏切の立体化事業につきまして、用地の買収が進められ事業の着実な実施に向けて取り組んでいただき感謝申し上げます。
今後相原町のまちづくりを推進していく上で都道町田街道の早期の整備が必要であると考えております。このため、下記3点について町田市と連携して取り組んでいただくように要望いたします。

 1 現在、都市計画事業決定がなされ、用地買収が進められている大戸踏切の立体化事業に 対して早期の工事着手と整備完了時期の確定を要望する。
2 旧国道16号の相原交差点から仲町の中央橋までと大戸交差点から八王子市の館町清掃工場入口交差点までについて都市計画決定はされているが事業決定はしていない。この2区 間についても早期に事業決定を行い、整備について推進し、大戸踏切立体化事業と連続し て同時期に完成をさせる 。
 3 きらぼし銀行交差点より大戸交差点までの区間については都市計画決定を行い、相原地区の町田街道全線の高規格化の道路としての整備を図るように推進していく。

都道町田街道については相原町の11の町会、自治会の住民が利用する主要道路であり生活道路でもあります。また、小学校や中学校、相原駅、市民センターに行く主要なアクセス道路にもなっています。相原町から町田中心部に行く唯一の道路でもあります。東京都及び町田市においても幹線道路であり、地域の利便性や防災上の安全性に重要な役割を担っております。都道町田街道の整備により交通渋滞の緩和と共に良好な住環境や地域の利便性、安全性、防災性の向上が図られ安全で快適なまちづくりが実現できる 。このためにも 相原町全体の総意として東京都に対し町田市と連携して早期の整備を図っていただきますように要望いたします。



●厳しい経営環境に直面する事業者等への対応を求める緊急要望

都議会自民党は、東京都に対して、都内中小企業の経営安定化に向けた支援や雇用・就業対策の充実を強く要望し、多くの施策を実現してきました。

しかし、都内の中小企業を取り巻く経済環境は依然として厳しく、年末を迎え、制度融資や金融相談、労働問題や就業相談など、現場の実態を踏まえた、経済対策や労働対策を早急に講じる必要があります。

そこで、都議会自民党は、都知事に対して、厳しい経営環境に直面する事業者への対応を強く求める緊急要望を行いました。



2018年11月25日日曜日

各業界団体の周年事業、秋のスポーツ大会が盛りだくさん!

各業界団体の周年事業、秋のスポーツ大会が盛りだくさん!
町田市歯科医師会創立70周年 記念祝賀会、町田サッカー協会創立50周年 記念式典、また多摩水道政策研究会 会長として三多摩管工事協同組合防災訓練に出席。

またそれぞれ連盟会長を務める第45回 町田市少年少女バレーボール協会 町田一決定戦、ダンススポーツ連盟 秋の集い等々が開催をされ、選手並びにご参加を頂いた皆さんに爽やかな汗を流していただき、日頃の練習の成果を存分に発揮する姿に元気をもらいました!





三連休は町田青色申告会恒例の勤労感謝のボウリング大会からスタート!ストライク!!

三連休は町田青色申告会恒例の勤労感謝のボウリング大会からスタート!一年ぶりでしたが、始球式では見事(!?)にストライク!!

町田青色申告会は、誠実な納税者の団体として4,400名を越える会員の皆さんが、各種サービス・サポートを提供して下さっています。
私も都議会自民党幹事長として、自民党税制調査会の各国会議員に地方法人課税の偏在是正に対して要望活動を行っています。
これからも、地方税財源の拡充と地方税の原則に則った税制度の運用に向けて、粘り強く要望活動を展開してまいります。

町田を華やかに彩って頂いているぞっこん町田’98結成以来20周年パーティーを始め、長野県人会の芋煮会、スポーツワイワイinおやま、第6回本町田芸術祭等々に足を運びました。






2018年11月21日水曜日

●自民党税制調査会メンバーに要望活動

本日(11月21日)都議会自民党は、自民党税制調査会メンバーに要望活動を行いました。額賀福志郎小委員長、細田博之副会長、塩崎恭久副会長に面会し、要望書を手交し、地方との共存共栄を目指す都の立場と、景気変動の影響を受けやすい都財政の特徴、東京の膨大な財政需要などを説明し、意見交換を行いました。

・額賀小委員長からは「地方と東京の争いにならないよう議論していく。」
・細田副会長からは「全国民が納得する内容になるよう議論したい。」
・塩崎副会長からは「東京の活力低下は日本全体の活力低下。地方と東京がWinWinな関係になるよう考えていく。」とのお話しがありました。

また、野田毅最高顧問、林芳正小委員長代理、甘利明副会長、石原伸晃副会長にも要望書をお渡ししました。

都議会自民党は、これからも、地方税財源の拡充と、地方税の原則に則った税制度の運用に向けて、粘り強く要望活動を展開してまいります。




2018年11月17日土曜日

キラキラした笑顔が町田中に!

自衛官募集相談員連絡協議会 町田支部創立25周年記念祝賀会で更なる発展に向け、万歳三唱!
この国を命懸けで支え守り抜いていただいてる自衛官の皆様に、感謝と敬意を表させていただきながら、新たな自衛官の募集活動に相談員の皆様と共にこれからも取り組んで参ります。

NPO法人顧問建築家機構15周年記念パーティーに出席。
市民の側に立った建築関係の相談はもちろんのこと、町田市の街づくりや、町内会館の建設をはじめ様々な分野で、本当に必要な事をまさにお客様それぞれの顧問として、アドバイスしていただける団体があることは大変心強いことです。

先週末には、キラリまちだや町田市農業祭、玉川大学コスモス祭等々、数多くの行事がそれぞれの地域で開催され、キラキラした笑顔が町田中に溢れていました。






2018年11月7日水曜日

第12回 町田市グラウンド・ゴルフ大会開催!

第12回 町田市グラウンド・ゴルフ大会開催!
近年天気に悩まされてきましたが、今日はゴルフ日和の素晴らしい天候に恵まれました。

前回大会よりも10チーム以上多くのご参加をいただき、47チーム 329名で盛大にプレイボール!
高齢者とはとても言えない、参加選手シニアの皆さんの軽快なプレーと爽やかな汗を流す姿に、こちらが活力をもらいました。

年々ご参加いただけるチームが増える一方で、競技会場や試合時間等に関する課題が浮かんできます。
それぞれのチームの代表者の皆様としっかりと意見交換をしながら、協会 会長として今後もグラウンド・ゴルフが楽しく長く続けられる環境づくりに汗を流します。






2018年11月4日日曜日

町田消防署に隣接する 『緑が丘グラウンド』の開所式

町田市を拠点に約700名の選手が活動をしている、町田JFCが指定管理者の一翼を担うことになった町田消防署に隣接する 『緑が丘グラウンド』の開所式に出席。

地域の多くの方々が参加をされ、サッカーを通じた地域貢献を目指すことを目的の一つに掲げる、町田JFCに相応しいスタートとなりました。
そして緑が丘グランドは子供達の夢や、シニアの皆さんの健康増進に大きく繋がること間違い無しです。

また、木曽観音の『菊まつり』に今年も足を運びました。華やかな満開の菊に囲まれ、地域の方々と触れ合えることは、心に安らぎ、気持ちを和やかにしてくれます。
そして、事務所で飼っているメダカも一匹になってしまったので、木曽観音の元気なメダカを三匹ほどわけていただき、また新たな仲間が我が事務所増えました!

町田市民文化祭、つくし野コミュニティセンターまつり、福祉施設の展示会等々、秋の地域行事が目白押しの週末でした。








2018年11月3日土曜日

日本ラグビー史にまた新たな1ページを刻んだ素晴らしい試合!

ラグビー日本代表、大金星!!

とは残念ながらなりませんでしたが、世界最強軍団ニュージーランド オールブラックス(3回W杯優勝)から、5トライ合計31得点を奪う、日本ラグビー史にまた新たな1ページを刻んだ素晴らしい試合でした。
ラグビーファンの皆様と同様、今日の日本代表の大健闘に、W杯2019大会に向けてまた期待が膨らみました。

引き続き、東京都議会ラグビー議員連盟の会長として、大会開催成功の為の更なる機運情勢に向けて、力を尽くします。





2018年10月29日月曜日

第9回 町田時代祭り2018が盛大に開催!

第9回 町田時代祭り2018が盛大に開催!
かつて町田地域で活躍した小山田の武者一族、小野路農兵隊を始め、町田シルクメロン侍(町田プロレス)、一般のコスプレの方等々が参加し、甲冑や直垂を身にまとった武士や武将に扮した総勢100名が大名行列!

ぽっぽ町田をスタートし、原町田中央通り、一番街、パークアベニュー、文学館通り、町田街道を通り、芹ヶ谷公園までのルートを今年も馬に乗り、練り歩きました。暴れることもなく、まさに「馬が合う馬」に乗せてもらいました。

砲術、居合抜刀、流鏑馬(やぶさめ)などの武術が芹ヶ谷公園で披露され、その迫力に大きな歓声が上がっていました。
中心市街地が一体となって大いに盛り上がる、町田の秋を代表する行事のひとつです。



2018年10月23日火曜日

多摩都市モノレールを町田によぼう!

多摩都市モノレールを町田によぼう!キャッチフレーズキャンペーン 貸切モノレール乗車会に出席。

654もの募集の中から本町田小学校4年生の牧野楽丸くんの「未来乗せ僕らの町にモノレール」が見事、最優秀賞に選ばれました。子どもたちの未来と町田の更なる発展の為に、多摩都市モノレール早期延伸実現と野津田陸上競技場周辺迂回路線整備に向けて、引き続き汗をかきます。

全国統一かけっこチャレンジや少年少女発明クラブひなた村こどもチャレンジフェスティバル、忠生こどもフェスティバルなど、多分野にわたって頑張っている活発な子どもたちと多く触れ合うことができた週末でした。

また、町田福祉園みのり祭、町田市ダウン症児者を守る会(こばと会)の発表会、木材商組合のソフトボール大会、クリーニング組合町田支部のボーリング大会、小金井市体育協会70周年記念祝賀会や当選同期の臼井孝元都議の旭日中綬章受章祝賀会にも足を運びました。