2016年9月16日金曜日

オリンピックリオデジャネイロ大会視察報告

 「第31回夏季オリンピック競技大会」(2016リオデジャネイロ大会)は、オリンピックの歴史において初めてとなる南米大陸での開催となりました。日本時間の8月5日に開会式が行われ、8月21日(閉会式)までの17日間、世界最大のスポーツの祭典が熱く繰り広げられました。また、来る9月7日からは「第15回夏季パラリンピック競技大会」が9月18日までの12日間の日程で、同じくブラジルリオデジャネイロにおいて開催されます。

 更なる豊かな次代への投資として、4年後に迫った2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の成功に向けた議会活動の糧とするため、リオ大会を実際に調査・視察をすることは大変重要と考え、都議会自民党は自主的にリオ大会の開閉会式を含む期間中、9名の議員視察団の派遣を計画しました。

 その第1弾として、私を含む議員3名は、8月3日から9日までの日程で、オリンピック開会式等を視察して参りました。
 リオデジャネイロは、東京と12時間の時差があり、羽田からドイツを経由しリオデジャネイロまで、トランジットを含むと片道26~27時間を要しました。

 多民族国家のブラジルは、日本の約23倍、世界第5位という広大な国土を持ち、人口は約2億人、大会の開催地であるリオデジャネイロ市の人口は約648万人となっています。
 小高い山々には、へばり付くように形成されたファヴェーラと呼ばれる貧民街が広がり、そこにある住宅に水道が引かれている率は70%程度と現地ガイドから聞き、大変驚きました。
逆に平地には高層住宅が立ち並び、比較的に生活にゆとりのある市民が住んでいます。それでも平均月収は約4~5万円をいう説明を聞くと、まさに格差ある多民族国家と言われる所以を強く感じました。
高台にへばりつくようにある貧民街ファヴェーラ


 ブラジルへの出発前、テロ発生の危機、リオ市内の治安悪化、ジカ熱等の感染症など、オリンピック・パラリンピックを不安視する報道が日本のマスコミから多く流されていました。空港に到着すると、すぐさま目に飛び込んでくるのは警備のため自動小銃をもった多数の軍人の姿、それに加え、我々が借り上げたワゴン車は防弾ガラスが埋め込まれた防弾仕様の車両であったことに到着早々驚かされました。

自動小銃を持った多くの軍人が警備にあたっています


 空港同様、開会式当日、市内を走る聖火リレーのランナー
の前後には警備のための軍用車やバイクが列をなし、異様な感がありました。開会式の会場であるマラカナン競技場周辺の警備は特に厳重で、許可の無い車両は近づけないようになっていました。また、各競技会場の周辺警備、入場するゲートでの手荷物検査や金属探知機の導入など、人の集積する場所での警備体制は大変手厚いものでした。

X線や金属探知機で厳重に入場者のチェックをする



 ブラジル政府は、安全に疑問視という懸念を払しょくするため、8万5千人の警察・軍関係者を動員したという説明を後に聞きました。昨今の国際的なテロへの脅威、治安の悪化を考察すると東京大会開催時の警備体制の重要性について、改めて考えさせられました。

 バリアフリー化や暑さ対策についても考えなければいけない問題です。空港内のバリアフリー状況を見てみると、特に先進的なものを感じず、トイレに関しては障がいを持った方にとって決して使いやすいとは言い難い仕様でした。

東京都比べると広さや導線を含めて改善が必要と感じました

サインについては大変わかりやすいデザインです


 また、数多くの競技が開催されるオリンピック・パーク内の移動に関しても、その移動手段はほぼ徒歩に限られ、炎天下の中、日除けのほとんど無い広大なパーク内を移動することは、健常者にとっても厳しいものがありました。開催時期が真夏にあたる東京大会においては、障がい者にやさしい工夫が求められると感じました。

広大な敷地のオリンピックパーク


 リオ市内の主要会場を結ぶ道路網には、大会開催時の専用レーン、いわゆるオリ・パラレーンが設けられていました。大会期間中の選手や大会関係者の移動を確保するために設置されたもので、路面に直接「Rio2016」と描かれていました。このレーンを走行するためには、リオ組織委員会が発行する許可証(VAPPs)が必要になります。この専用レーンに許可証が無い一般車両が進入すると罰金が科される仕組みになっていますが、この罰金も当初は6万円と高額だったようですが、その金額の高さに非難が相次ぎ、急遽約3千円にプライスダウンを行ったという説明を受けました。

 リオ市内は通常でも恒常的に渋滞が激しいとのことですが、大会期間中はこの専用レーンを設けたことで、渋滞に更なる拍車がかかった様相です。東京においても、大会開催中の外国人来訪者が約1,000万人を超えるとの予測があり、大会関係者、観客、一般生活者の各導線、貨物車等の輸送の経路などを十分に検討し、影響を最小限に抑える取組が重要であると考えます。

 競技施設は、恒久施設、仮設施設双方とも学ぶべきことが多くありました。特に仮設施設については、単管パイプで組まれている施設もあり、尚且、むき出しになっているのが目視でわかるくらい簡素なものもありました。地震発生のリスクが少ないリオデジャネイロならではの取組で、大会期間中の短い期間であれば維持が出来るかもしれません。しかし、地震大国日本では、コストダウンと云えども安全性等建築基準にきちんと照らすことが重要です。

単管パイプで組まれた簡素なつくりの仮設施設。


 宿泊施設不足も大きな課題です。大会期間中、リオ市内においても宿泊施設が不足し、料金は通常の10倍以上に跳ね上がった場所もあったそうです。実際、我々が宿泊した施設も、日本でいうビジネスホテル並みの設備でしたが、その宿泊料金は大変高額なものとなっていました。
現在、東京大会開催時のホテル不足を見越し、様々な対策が検討されていますが、新たな宿泊施設を計画するに当たっては、さらなる規制緩和を進めるなどの取組が必要であると感じます。

 その他にも、日本の伝統文化・先進技術・食・観光等々の魅力を発信するリオ市での日本の拠点であるジャパンハウスや、各国の報道機関報道拠点のメインプレスセンター、日本選手のコンディション調整施設であるハイパフォーマンスサポートセンター、選手村、水泳・武道・ビーチバレー等各競技会場、等々調査視察してまいりました。
メディアセンター
ジャパンハウスでは日本文化等の紹介や東京についての展示があります


ハイパフォーマンスセンターでは、日本選手団が事前調整が出来るように
食事はもちろんのこと、様々なトレーニング施設があります



 4年後に迫った東京大会に向けて、解決しなければならない課題が数多く山積しております。今回リオ大会の視察で実際に見聞きした調査を踏まえ、大会終了後の施設の活用も含め2020年東京大会があらゆる面で「最高のオリンピック・パラリンピック大会」になるよう、全力で取り組んでまいります。

オリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会 副委員長
東京都議会議員 吉原 修 

2016年8月2日火曜日

「野津田公園に鉄道駅を創りたい!」(H28年7月15日 町田ジャーナル掲載)

「野津田公園に鉄道駅を創りたい!」

東京都議会議員 吉原 修



 多摩都市モノレール、立川-町田線は、多摩振興の観点から多摩地域を南北につなぐ都市間交通の要として大変重要です。鉄道駅が存在しない忠生地区にとっても、地域内交通として大きな期待が寄せられています。

 町田ルートはキャノンスポーツパーク、日大三高、都立小山田緑地公園、桜台団地、桜美林学園、山崎団地、木曽団地等を通過する構想ですが、これに加えて、野津田公園に徒歩10分以内でアクセスできる場所にモノレールの駅を設けるための新ルート私案を東京都及び町田市に提案し、検討がスタートしました。

 現在J2復帰を果たし、メディアでも試合ごとに注目を浴びているFC町田ゼルビアのホームスタジアムでもある、野津田公園は多様なスポーツ施設、緑溢れる環境でスポーツに親しむことができる利便性の高い多摩地域内有数の公園を目指すべきです。

 5月には、新ルートに向けて、東京都都市整備局、町田市都市づくり部による現地調査を依頼し、私も同行致しました。公園への人員の大量輸送と容易なアクセスの確保に向けて、新ルートへの変更は大変意義があり、味の素スタジアムに次ぐ多摩地域のスポーツ拠点としても多摩振興の一翼を担うポテンシャルがあると考えます。

 現在、未決定の小野路地区の都市計画は今年度中に方向性を決定すべく検討を重ねます。野津田公園陸上競技場を経由する新ルート実現に向けて、着実に前へ進めます。

2016年7月14日木曜日

野津田公園に鉄道駅を創りたい!

 多摩都市モノレール、立川-町田線は、多摩振興の観点から多摩地域を南北につなぐ都市間交通の要として大変重要です。鉄道駅が存在しない忠生地区にとっても、地域内交通として大きな期待が寄せられています。

 町田ルートはキャノンスポーツパーク、日大三高、都立小山田緑地公園、桜台団地、桜美林学園、山崎団地、木曽団地等を通過する構想ですが、これに加えて、野津田公園に徒歩10分以内でアクセスできる場所にモノレールの駅を設けるための新ルート私案を東京都及び町田市に提案し、検討がスタートしました。


野津田公園にて新ルート検討


 現在J2復帰を果たし、メディアでも試合ごとに注目を浴びているFC町田ゼルビアのホームスタジアムでもある、野津田公園は多様なスポーツ施設、緑溢れる環境でスポーツに親しむことができる利便性の高い多摩地域内有数の公園を目指すべきです。

 5月には、新ルートに向けて、東京都都市整備局、町田市都市づくり部による現地調査を依頼し、私も同行致しました。公園への人員の大量輸送と容易なアクセスの確保に向けて、新ルートへの変更は大変意義があり、味の素スタジアムに次ぐ多摩地域のスポーツ拠点としても多摩振興の一翼を担うポテンシャルがあると考えます。

野津田公園側に迂回するルートを提案

 現在、未決定の小野路地区の都市計画は今年度中に方向性を決定すべく検討を重ねます。野津田公園陸上競技場を経由する新ルート実現に向けて、着実に前へ進めます。

2016年4月15日金曜日

多摩境駅前に交番設置を要望!

小山地区町内会自治会連合会の安達会長はじめ役員のみなさん、地元佐藤町田市議会議長と、警視庁本庁へ多摩境駅前への交番設置の要望に参りました。

およそ三万人を越える人口を擁し、まだまだ人口増が見込める地域として近年目覚しく発展しています。これまでにも京王電鉄へ多摩境駅の環境整備やエレベータ設置の要望に足を運び実現をします。

発展をすると同時に治安への不安が高まっており、ぜひとも駅前に交番設置を実現すべく地元の皆さんと一緒になって粘り強く活動をして参ります。






要望活動後、役員の皆さんと
小山地区の街づくりについて懇談をしました





2016年4月12日火曜日

中町交番開所式が行なわれました。

シバヒロの隣にある、中町交番の開所式が行なわれました。
旧交番は、昭和45年1月に「市役所前交番」運用開始され、その後「中町交番」と名称変更され45年間運用されてきました。昨年建替えに伴い一時閉鎖されておりましたが、この度、無事開所の日を迎えました。




2016年3月27日日曜日

相原駅西口広場完成!

JR横浜線「相原駅」西口広場完成記念まつりが、春を告げる快晴の中、地元町内会主催によって盛大に開催されました。

地域待望の駅前広場完成によって交通機関の利便性が高まり、益々街が元気になります。

町田市堺中学の吹奏楽部の演奏など盛り沢山のイベントに非常に多くの地域住民が参加された素晴らしい催しとなりました。





2016年3月19日土曜日

第2回野津田公園ファミリー駅伝大会

第2回野津田公園ファミリー駅伝大会が開催されました。
ソウルオリンピックマラソン代表選手のオリンピア新宅雅也さんが発案し、親子でタスキをつなぎ、家族の絆を深めていくことを目的としてスタートした本大会も今年も2回目を迎え、昨年より多くのご家族に参加を頂きました。あいにくの雨模様ですが家族が力を合わせてタスキをつなぐすばらしい大会になりました。


選手宣誓

オリンピア新宅宅也氏からタスキのつなぎ方について説明

2016年3月12日土曜日

【インターンレポート】2016年2月28日 東京マラソン2016

東京マラソン2016

                         明治大学 吉村 太海


ミールサービスをするボランティア
2月28日、曇りひとつない絶好の天候に恵まれ、今年で記念すべき第10回目を数える東京マラソン2016が盛大に開催されました。一般財団法人東京マラソン財団主催のもと、東京都も共催をし、吉原修都議と共にマラソン開会席に同席させていただきました。

今年よりパラリンピックの公認大会として開催された車いすマラソンレースが、一足早く都庁前から出走していきました。私たちが普段目にする車いすとは大きく異なる、極限に速さと軽さを追求した競技用車いすは、スタートのピストル音を合図にロケットのようなスピードで急発進していきました。東京都の美しく、平坦に整備されたレースコースは、どの世界大会にも引けをとらないほど、走りやすいのではないかと思いました。



スタートするランナーたち
世界レベルの招待選手の面々がスタートラインに出揃い、その後ろにはエリートランナー、一般ランナーと会場の熱気が最高潮に達したその刻、9時10分。ついに36500人ものランナーが一斉にスタートしました。

ところで今大会は例年参加の倍率は10倍を越え、幅広い年齢層とまた外国参加者も85の国と地域を数える世界的な大会となっています。また、参加者たちは思い思いのウェアに身を包み、スタートで駆けていく姿は極彩色で美しく感じられました。

ご存知の通り、東京マラソンは都心を文字通り十字に走るよう形成されたコースが特徴的です。皇居や銀座、東京タワー、スカイツリー、浅草と東京の名所をこれでもかと言うほど詰め込み、景観が美しく飽きないことでも有名です。そして、ゴールは有明の東京ビッグサイト。私たちは一足先にこのゴール地点に向かい、感動の一瞬を今かと待ち望んでいました。

ゴール地点

 栄えある最初のゴールテープを切ったのは、男子車いすのクート・フェンリー選手(豪)でした。トップ集団は熾烈を極め、2秒いうわずかな瞬間に4人もの選手がゴールに飛び込んできたのが印象的でした。先に述べたとおり車いす競技は、今大会より国際認定されました。来年以降、さらなる参加者が増加、そして認知が予想されます。

フルマラソンの部では、外国人選手の脚力に圧倒されました。1位のフェイサ・レイサ選手(エチオピア)を筆頭に、7位までは外国人勢が独占し、日本人トップは8位で高宮祐樹選手が入賞しました。選手一人ひとりが完走を果たすたびに、割れんばかりの拍手喝采がなされ、限界に挑戦する人間の可能性を垣間見た瞬間に思えました。


開会式に出席する吉原都議

 マラソン競技に限らず、スポーツは見るものに感動を与えるとはこのことだと痛感しました。今大会における大会ロゴは、異なる色の線のひとつひとつが、参加するランナーやボランティア、観衆を表し、「東京がひとつになる日」という願いが込められているようです。今大会の成功は、末永い東京マラソンの開催を願うと共に、また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックで、また東京が、日本が、そして世界までもがひとつになる日を想起させ、心待ちにさせるようでした。

最後に、吉原都議は現在、オリンピック・パラリンピック等特別委員会副委員長、オリンピック・パラリンピック推進議員連盟副会長、スポーツ推進政策研究会会長などを務め、スポーツ政策に力を入れています。スポーツシーンに残る歴史的な大会、試合が私たちの住む町田市の人間を中心に席捲されていこうというのは、とてもうれしいことに思います。また、今回このような機会をいただき、吉原都議には感謝いたします。

2016年3月9日水曜日

オイスカ研修報告会を開催!

 アジア太平洋地域の農業振興・環境保全活動・人材育成を推進する公益財団法人オイスカの終了研修生を今年も都議会に招待し、オイスカ東京議員連合会主催(会長 吉原修)のもとで、研修報告会を行ないました。

 川井都議会議長はじめ、インドネシア大使館サユ・オカ・ウィダニ一等書記官、バングラディシュ大使館ジバン・マジュダム経済公使が出席をいただき、これまでの研修成果について、帰国直前の研修生から報告頂きました。

 11の国や地域から13名の研修生が一年及び二年の研修を終了して、本国に帰り、農業生産や指導など日本で学んだ様々な知識や経験を発揮し祖国の発展に尽くすことになります。さらにはお互いの友好関係を気付き、アジア全体の発展につながっていくことを期待します。

 今後日本で研修を受けた13名の若者が、祖国発展の為に大いに活躍されることをお祈りします。









2016年3月3日木曜日

【インターンレポート】2016年2月28日 東京マラソン2016を見学して


【インターンレポート】2016年2月28日 東京マラソン2016

明治大学1年 中野玲菜

本日は、吉原修東京都議会議員と10回目を迎えた2016東京マラソンに同行しました。8時頃に、都議会議事堂正面玄関前に集合して、ゲスト用ADカード(アクレディテーションカード)の発給を行ないました。ボストンマラソンでのテロや近年の国際情勢を反映してか、ゲスト用ADカードがないと入れず、警備も大変厳重でした。

当日は、約三万七千人が参加するイベントとあって、会場は多くの参加者で溢れていました。2012年から、東京マラソンがアボット・マラソンメジャーズの仲間入りを果たした結果、多くの外国人参加者の姿も見られました。東京マラソンがスポーツツーリズムの一環として東京の観光都市づくりに大きな役割を果たしていると改めて感じました。

会場には、参加者をサポートするボランティアが至るところに配置されていました。東京都庁及び周辺では、手荷物、給水・給食、会場誘導などが行われていました。また、都庁前や道路に多くの仮設トイレが設置されており、イベントの大きさをこうした所でも感じました。

ごみの撤去

トイレに並ぶ選手達


参加者の手荷物は、トラックでゴール地点へ運ばれます

ミールサービスではバナナやドリンクを無償で配布





8時54分から、スタートセレモニーが開始され、陸連の横川会長や舛添要一都知事の挨拶、六本木男性合唱団ジグザグによる国歌斉唱などが行われ、9時5分に車椅子マラソンが、10分にマラソンがスタートしました。選手の緊張感や会場の一体感を感じました。

陸連横川会長と舛添知事

ジグザグによる国歌斉唱

車イスのスタート

一般のスタート
スタート後すぐにゴミなどの撤去


9時45分頃には、吉原修都議会議員と別れ、専用送迎バスに乗ってゴール地点の東京ビッグサイトに移動しました。ゴール会場も盛大で、東京マラソンのロゴが入ったバルーンが浮いていたり、選手のゴール時には東京消防庁による放水パフォーマンスが行われたり、司会の方々が会場を盛り上げたりしていました。

私たちがゴール会場に着き、しばらくすると車椅子マラソンのトップランナーが順にゴールし始めました。始めて車椅子マラソンを見たのですが、そのスピードと迫力に圧倒されました。車椅子マラソン女子は、日本人の土田和歌子選手が9連覇を成し遂げ、土田選手のパワフルな笑顔が印象に残りました。マラソンも、大学生選手の応援が多く、とても盛り上がっていました。


エチオピアのリレサ選手のゴールシーン。
後方では放水パフォーマンス。



今回は、普段入れないような場所に入らせて頂いたり、間近でゴールの様子を見させて頂いたりと貴重な経験をさせて頂きました。また、普段テレビでの観戦では知りえなかった、厳重な警備、大会を支える多くのボランティアの皆さん、関係機関のご苦労で東京マラソンという世界的なイベントが開催され、そして家族や友人を応援したり、沿道やゴール地点で繰り広げられるイベントを通じて、マラソンの参加者だけでなく、関わる多くの人たちに感動や夢を与えるスポーツの不思議な力を感じました。