2020年10月6日火曜日

職員定着に向けて工夫を凝らした取り組み

担い手不足の福祉業界ですが、都からも大変評価の高い、町田市内の高齢者施設「合掌苑(金森)」の職員定着に向けた試みが掲載されていました。様々知恵を出し高い定着率を維持する工夫は学ぶことが多いです。

https://toyokeizai.net/articles/-/378225

2020年10月4日日曜日

都市景観大賞受賞!南町田グランベリーパーク

 10月5日(月)~9日(金)まで、都議会1階の #都政ギャラリー にて「 #都市景観大賞展 」が開催されます。大賞受賞の #南町田グランベリーパーク はじめ、全国のすばらしい街づくりの様子を見ることが出来ます。新宿にお越しの際はぜひともお立ち寄りください。

https://www.udc.or.jp/publics/index/366/

2020年10月2日金曜日

山崎団地周辺での「MaaS社会実装モデルの実証実験」

 東京都の「MaaS社会実装モデルの実証実験」に山崎団地周辺での事業が選ばれました。オンデマンドバスの運行や商業・医療・福祉施設からのサービス提供など、MaaS社会実現に向けた様々な実証実験が行われます。

山崎団地や木曽団地周辺のエリアは医療・福祉・商業・大学があると同時に幅広い世帯がお住まいになっております。

こうしたエリアでMaaSの実証実験を経て、少子高齢化社会を迎える時代にあっての、新たな郊外型都市のあり方や団地再生に繋がる第一歩になるはずです。

https://www.senryaku.metro.tokyo.lg.jp/news/2020/202009_001.html

新型コロナウイルス等の感染症拡大防止に資する新商品等を募集

 【東京都トライアル発注認定制度】 新型コロナウイルス等の感染症拡大防止に資する新商品等を募集しています。

採択されると都による試験購入や、販路開拓支援などが行われます。

三密や接触機会の低減につながる、非接触型のスイッチや各種センサー類を活用した製品などは、アイデア豊富で小回りの利く中小零細の事業所が得意分野とするところですので、ぜひとも制度をご活用してください。

https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/chushou/shoko/sougyou/trial/topics/2_2/index.html

2020年10月1日木曜日

妊婦さんが対象、新型コロナウイルス感染症検査費用の助成

  東京都では、妊婦さんが新型コロナウイルス感染症の検査を受けた場合、その検査費用を助成する事業がはじまっています。里帰り出産時の検査も対象になります。

 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/shussan/covid19-ninpushien.html

2020年9月7日月曜日

菅義偉さんこそ、日本の新たなリーダー

 いよいよ本日、自民党総裁選挙の告示です。

都議会に菅官房長官がお越しになり、総裁選挙への決意をお話しされました。

残念ながら安倍総理は辞任をされましたが7年8か月にわたり官房長官として安倍自民党をお支え頂いた菅義偉さんは新たな日本のリーダーとして最も適任だと思っています。
私自身も安倍総理、菅官房長官との長年にわたって関わらせて頂いた関係から、都議会自民党の菅選対本部長として菅義偉総理誕生に向けて、しっかりと支援の輪が広がるよう活動を展開しています。

2020年9月1日火曜日

「新型コロナ感染症に係る経済・雇用・医療対策等について」緊急要望

 昨日8月31日に、「新型コロナ感染症に係る経済・雇用・医療対策等について」都議会自民党として知事に対し要請しました。

現在コロナ自粛が長期化し都民生活や営業活動が制限される中で東京は大きく活力を失っております。
感染拡大防止策を進めながら日常活動や経済活動が再開できる取り組みを、積極的に推進しなければなりません。

党員の声を反映する為に党員投票実施を!

 8月28日に突然、安倍総理から辞任の意向が示されました。

そうした中本日9月1日、自民党総務会では9月14日の両院議員総会を開催し自民党総裁を決定する旨発表されました。
昨日の8月31日、都議会自民党として民主的で国民から信頼される政権政党であり続けるために、全党員による投票で総裁を選出すべき、と強く本部並びに東京都連に対し求めてきました。
結果的には東京都支部連合会として都内全党員に対し郵送形式での投票を実施し、党員の声を反映する総裁予備選挙を独自に実施することになりました。
9月8日  東京都連総裁予備選挙告示
           (郵送による投票)
9月14日 両院議員総会にて総裁を選出
9月17日 臨時国会召集(予定)首班指名

2020年7月29日水曜日

臨時議会閉会ーコロナ対策3000億円規模の補正予算が決まるー

 27日に第二回臨時議会が閉会し、新型コロナ感染拡大阻止を目的とした3000億円規模の補正予算が決まりました。感染拡大防止策を行いながらも、日常生活と経済活動の回復を進めていくために、医療体制の強化や事業活動の支援、都民生活の支援が急務です。都議会自民党としてこれまでにも強く要望してきた陽性者受け入れ医療機関への経営支援については一定の理解を頂き充実してきましたが、国の制度と連携した事業所への家賃支援規模については3ヶ月に留まっており、コロナ禍の中で疲弊している企業がしっかりと経済活動が再開できる環境を創るべく、国と同様の6か月とするよう引き続き都に対し強く働きかけを行ってまいります。

【事業所家賃補助】※詳細は資料画像をご覧ください。
原則、国の家賃補助を受けることが出来る事業所に対し、家賃月額の1/12×3ヶ月を給付
受付:8月中旬よりスタート予定。
お問合せ:7月28日(火)開設予定
「東京都家賃等支援給付金コールセンター」 電話番号 03-6626-3300
開設時間 9時~19時(土日祝日含む毎日、11月以降は土日祝日・年末年始除く)
※不明な点がありましたら吉原事務所にお気軽にご連絡ください042-739-6034


要綱等は下記の通りです

2020年7月13日月曜日

検査体制、医療供給体制の充実に向けて

 PCR検査数が増えたとは言え、連日200人を超える感染者が確認されるなど、一時は減少した感染者数も社会活動再開とともに増加していることは間違いありません。

尚且つ、感染経路不明者が多数おりますが感染経路を更に明確なシステムを早急に確立すべきです。
都議会は7月17日に臨時議会を開き、国にの二次補正予算がほとんどですが、東京都独自の上乗せ分少々も合わせて、約3000億円超規模の補正予算が審議されます。
感染拡大防止に向けて東京都と区市町村の連携がまだまだ足りない状況にあって、検査体制、医療供給体制はじめとする感染症対策と経済社会活動の両立を図る取り組みをしっかりと進めて参ります。