2018年8月29日水曜日

首相官邸へ

昨日、首相官邸へ都議会自民党の所属議員関係者と共に要望活動。
これまで、知事の諮問機関として設置をされた、東京都税制調査会のメンバーとして、地方分権の時代に合った税制及び国・地方を通じた税制全体のあり方等に関する事項を検討して参りました。
そうした議論を踏まえて、都議会自民党がかねてから主張している真の地方創生に向けた「地方法人課税の見直し」を始め、喫緊の都政の重要課題である「羽田国際空港の機能強化」「東京港の国際競争力強化」「東京2020大会への支援」「首都東京の生活インフラの老朽化対策」「東京2020大会期間中の横田基地の軍民共用化」などの8項目を安倍総理大臣へ力強く要望致しました。





2018年8月26日日曜日

VR(バーチャルリアリティ)防災体験車コーナー実現!

多数の各種団体の皆様や市民の方々のご協力のもと、炎天下の中防災服に身をまとい町田市総合防災訓練が開催されました。
様々な訓練があり、そしてこの日に向けて以前から要請をしていた、東京消防庁が国内で初めて導入したVR(バーチャルリアリティ)防災体験車コーナーも実現し、臨場感ある防災疑似体験によって、予期せぬ自然災害に対する防災力をより高めていただく機会になったと思います。
また、約600人が観戦を楽しんだ町田プロレスの旗揚げ、 商店会の夏まつり、小山サマーフェスタ等々もそれぞれ大盛り上がりで、暑い熱い一日でした!







2018年8月25日土曜日

町田中の神様からご加護をいただいた一日!

町田中の神様からご加護をいただいた一日!
西から南までの町田各地域の神社の例大祭、神事に出席。
また、町内会・自治会子どもまつりや障害者療育園センターまつり等々にも参加を致しました。
住民と地域の繋がりの希薄化が顕著な昨今、様々な行事を通じた人と人との繋がり、人と地域との繋がりはとても大切です。






2018年8月21日火曜日

町田市山崎町に待望のグランハート悠々園が開所!

町田市山崎町に待望の「あなたの笑顔を大切に」を基本理念に掲げるグランハート悠々園(陶山慎治理事長)という特養ホームの開所式典に出席しました。

この地は平成28年に一般社団法人グランハート(大きな安心)が有志の基に立ち上げられた医療、看護、介護、福祉、薬、子育て、食、などのサービスが集積した地域の生活支援を目指している先駆的なモールです。今後地域の安心が更に期待されています。

また、第73回国民体育大会関東ブロック大会の開会式に東京都体育協会の理事として茨城へ出張はじめ、都内で開催された環境フェスティバルや各地域の盆踊り大会、バーベキュー大会等々に参加をし、親しくご意見をお伺い致しました。



2018年8月16日木曜日

恒久平和の実現に向けて全力を尽くして参ります

昨日は73回目となる終戦記念日。

先の大戦において、この国を守り抜く為に、命を懸けて犠牲となられた英霊の方々に対して、哀悼の誠を捧げます。

平和と自由を愛する国民政党である自由民主党の東京都議会の幹事長として、党本部の声明通り、二度と戦争への道を歩むことのないよう、引き続き国と都、そして都民、国民の皆さまと恒久平和の実現に向けて全力を尽くして参ります。



2018年8月13日月曜日

第30回町田市トランポリン競技会・設立30周年記念国際親善大会が開催

9カ国の海外チームを迎え、総勢90名を超える選手の参加のもと行われた、名誉会長を務める第30回町田市トランポリン競技会・設立30周年記念国際親善大会が開催されました。

鮮やかに宙を舞う選手の皆さんの、実に華やかでダイナミックな演技に、時間を忘れて見入ってしまいました!

また、創立70周年を迎えた森野中央町内会の記念式典、今週も先週に引き続いて各地の納涼盆踊り大会等々に参加をし、幅広く様々なご意見を頂戴致しました。






2018年8月5日日曜日

自民党町田総支部の仲間と共に、西日本豪雨災害の救援募金活動を実施

西日本豪雨災害の救援募金活動を自民党町田総支部の仲間と共に、二日間にわたって鶴川駅と町田駅において、実施を致しました。
ご支援を頂いた皆様に心から感謝を申し上げます。

また、東京土建町田支部忠生分会50周年記念式典や町田市近隣10市親善少年野球大会、各地区納涼祭・盆踊り等々に出席を致しました。豪雨災害に遭われた方々に想いを馳せながら、ご苦労をされている方々の分まで、それぞれの分野で頑張って頂くことをお願いさせて頂きました。




2018年8月1日水曜日

二度目の東京都議会自由民主党の幹事長を拝命

本日、東京都議会自由民主党の総会が開催され、会派の総意により、二度目の東京都議会自由民主党の幹事長を拝命することになりました。

現在の都政は、2019ラグビーワールドカップ、2020オリンピック・パラリンピック大会への成功の準備、本年10月の豊洲市場への円滑な移転、更には、実効性の薄い受動喫煙防止条例の施工等々、山積する多くの課題に対する、これまでの小池都政の対応に、都民の皆様の不安と不満が堆積しております。

行政は常に将来に向けた計画を立て施策を実行していくものですが、現知事の下で具体的な計画は、2020年までしか示されておりません。首都東京の10年先、20年先のビジョンは未だ無策のままです。

総会終了後、小池知事に就任の挨拶をし、早速知事に対して、首都東京の中長期ビジョンを示すこと、条例制定には都民の十分な理解を得ること、知事と議会が議論する機会を増やすことを要望して参りました。

また、幹事長談話を発表し、総額50億円にも及ぶ文化プログラム事業の成否に大きな役割を果たす、知事肝入りのTTF(Tokyo Tokyo Festival)プロモーションブランディング事業の中心となる統括プロデューサーの辞任を都議会に一切報告をせず、都民の税金を投入し続けていく、二元代表制を否定することに他ならないこの問題に対して、情報公開請求を行いました。

本事業について解明すべき事実を闇に葬るのではなく、事業主体である都が責任を持って事実を明らかにし、説明すべきです。

「決断と覚悟!責任を果たす!」
この言葉を胸に、現職議員・前職議員・新人候補者の60名が一致結束した「都民の与党」の先頭に立って、真の都民の為の都政実現へ向け、真摯に、既成の枠にはまることなく、全力投球で、これからも引き続き活動を展開して参りますので、皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。



2018年7月29日日曜日

夏祭り・盆踊りシーズン到来!

今年もこの季節がやって参りました!

先週、今週と町田各地で40件を超える夏祭り・盆踊り大会が開催!昨日の台風の影響により中止になってしまった地域は非常に残念でしたが、今日はまさに、台風一過の素晴らしい青空!

「月が~出た出た~月が~出た~」の炭坑節の歌詞通り、真ん丸の綺麗なお月様の下で、人と人との繋がり、人と地域との繋がりを大切したそれぞれの特色のある素晴らしい夏祭り・盆踊り大会が開催され、明日からの活力と元気をもらいました!






2018年7月23日月曜日

東京2020オリンピック・パラリンピック大会のマスコットキャラクター【ミライトワ】と【ソメイティ】がデビュー!

東京2020オリンピック・パラリンピック大会のマスコットキャラクターのデビューイベントが
日比谷ミッドタウンで開催されました。

その名も【ミライトワ】と【ソメイティ】です!

オリンピックマスコットの【ミライトワ】は、素晴らしい「未来」を「永遠」に。という由来から。
パラリンピックマスコットの【ソメイティ】は桜を代表する「ソメイヨシノ」と「so mighty(非常に強い)」という由来から誕生しました。

大会マスコットデザイン案の応募総数は2,042件あり、最終的に3案へ絞られました。
その3案の中から、16,769校(205,755学級)もの日本全国の小学生、また海外の日本人学校の小学生による投票(小学生による投票は、オリ・パラ大会史上初)によって、今回のマスコットキャラクターが109,041学級の票を獲得し、決定を致しました。

日本中の小学生の皆さんのおかげで、またひとつ2年後の大会の機運が盛り上がって参りました。