2013年2月28日木曜日

本会議の代表質問、一般質問終わる。

都議会では2月20日から3月28日まで来年度の予算議会が開催されています。
26日から28日まで都議会本会議でした。 初日の代表質問は午後9時半位までかかりましたが、我が党の野島善司幹事長の質問は他党に比べてピカ一でした。理路整然とした東京の目指すもの、少子高齢化、防災、医療、オリンピック・パラリンピック等などはじめ、幅広く様々な鋭い質疑を猪瀬知事と繰り広げました。
27日、28日は一般質問で10名の我が党の議員が質問に立ち東京の課題、それぞれの区市町村の課題について知事や理事者と議論を重ねました。
この3日間の知事の答弁は、東京のリーダーとしての役割を果たす意志が明確に表れていてまずまずのスタートをしました。
我が党は、会派内の質問の機会の公平性をきする為、緩やかな申し合わせをしており私は、質問に立ちませんでしたが来週からの委員会で質問をする予定です。

2013年2月25日月曜日

東京大マラソン第7回目を盛大に開催される!

7回目を迎えた東京大マラソンは2月24日快晴のもと、オネスティ選手36000人が参加され猪瀬知事の合図でスタートしました。全国からそして海外から、体にハンデを持っている人、初めてフルマラソンに挑戦する人、公式国際大会に名前を連ねている著名な人、様々な人が様々な想いを胸に走ったことでしょう。

私も開会式に出席しました。隣りではメダリストの有森裕子さんがランナーへ熱烈な応援をされており圧倒されっぱなしでした。

有森祐子さんや都議会自民党の仲間とランナーに声援をおくりました
都庁から皇居など都心の名所など普段は走ることが出来ない夢のようなコースです。町田市の走友会韋駄天はじめ、私の知人も何人か参加しました。

結局優勝はケニアのデニス・キメット選手、残念ながら日本人トップとしては前田選手が4位でした。参加者96パーセントの完走も凄い!

この大会はマラソンだけでなく、沿道それぞれの地域でも賑やかに、様々なイベントが繰り広げられており、そうしたお祭りを見るのも楽しみです。
選手や関係者、沿道の観戦者、観光客など含め全体で約180万人が繰り出して経済効果は約300億円が見込まれています。


恒例になりました六本木男性合唱団による国会斉唱

スターターは猪瀬知事、河野洋平日本陸連会長の姿も。

女子招待選手に交じりメキシコ五輪銀メダル君原健二さん
こちらも恒例になりました、スタートの紙ふぶき
ランナーは思い思いの姿で走っています
カンボジア代表を目指した猫ひろしさんの姿も


特別養護老人ホーム「椿」竣工!!

相原の東京家政学院大学の向かい側の小高い丘の上に、見晴らしの良い170床の特別養護老人ホームが完成しました。内約50床は多床室で比較的低額な入り易く設定されクリニックも併設されています。した、2年の歳月をかけた実に住みやすさを感じられる施設です。
社会福祉法人天寿園会が母体の青森で病院や特養ホーム、保育園など手広く社会貢献をしていて経験と体力のある法人です。

町田市の高齢者率は約24パーセントで現在20の施設約1900人がこうしたホームに入所者しています。市の設置計画目標では2014年までに約2000床弱にはなるでしょう。それでもまだ1500人方々が入所を待っています。

世界でもまれな少子高齢化の進んでいる我が国の高齢者対策を世界は注目してますが、施設での介護にしろ在宅介護にしろ知恵と工夫で安心できる制度を作っていかなければなりません。
設置者の工藤理事長の長女の方は天寿園会全体のマネジャーで、福祉に対してとても知識が深く、入所される方々にとってとても安心できる施設だと感じました。

竣工式でご挨拶をさせていただきました。

町田市に7ヶ所目の介護老人保健施設誕生!

2月23日横浜インターのすぐ近く、万葉の湯の隣りに介護老人保健施設オネスティの竣工式が行われました。設置者は八王子市で病院経営をしている、私の知人の安藤ドクターで東京都医師会の役員でもありました。この老健施設への入所は65歳以上の要介護度1から5までの方が対象です。在宅復帰を目指したリハビリ医療を提供しており24時間365日運営しています。町田市民にとって実に有り難い施設です。ちなみに歌手ビリージョエルの大ヒット曲、オネスティの曲がBGMでかかっていました。

2013年2月22日金曜日

53年ぶり!東京国体(スポーツ祭東京2013)今年9月28日開催


53年ぶりに東京国体(スポーツ祭東京2013)がいよいよ今年9月28日に開催されます。
そして、府中にある都の施設「味の素スタジアム」(約5万人収容)で開会式が行われます。

町田でも9月28日に先駆けて、9月8日 総合体育館でデモンストレーションとしてレクリエーションダンスが予定されています。その際に町田市詩吟連盟にお願いしていますが、多摩全体の東京移管120周年を記念してスポーツと文化のコラボレーションとして開会式で吟じていただきたいと思っています。

そして4つの正式競技が町田で開催されますが、全国から選手団、役員、観光客等 約4000名以上の来訪者が見込まれていますから、飲んだり、食べたり、買い物したり、泊まったり、経済活動も少し活発になればと期待しています。



【競技日程】

  • サッカー(成年男子) 
    町田市立陸上競技場 9月29日(日)、30日(月)
  • バレーボール(少年男子・少年女子)
    町田市立総合体育館 9月29日(日)~10月2日(水)
  • 軟式野球(成年男子)
    小野路球場 10月4日(金)、5日(土)
  • バドミントン(全種別) 
    町田市立総合体育館 10月4日(金)~7日(月)
  • レクリエーションダンス
    町田市立総合体育館 9月8日(日)


「横田飛行場及び厚木飛行場の周辺における航空機騒音防止及び安全対策等の推進」について要請

都は、昨年度の航空機騒音調査結果(平成24年11月20日環境局プレス発表)に基づき、国と厚木基地に対して「横田飛行場及び厚木飛行場の周辺における航空機騒音防止及び安全対策等の推進」について要請を行いました。
国は米軍航空機騒音対策として町田市内約4万戸のお宅に防音設備設置を行っています。しかしながらこうした対処だけでは充分ではなく、根本的な理解を米軍に求めるものです。米軍の必要な訓練とはいえ、対象地域との意思疎通をしっかり計ってほしいものです。


※横田飛行場及び厚木飛行場の周辺における航空機騒音防止対策の推進に関する要請について(都庁サイト)

2013年2月20日水曜日

都議会予算議会が本格的に!!

 すでに都議会の各常任委員会は開催されていますが、いよいよ本日2月20日の本会議をスタートに、3月28日まで25年度予算や政策の方向を決める議会が始まります。
 都議会自民党は3年半前、大幅に議席を減らして以来、議会では2番目の規模の会派でありながらも、予算に反対してきた最大政党と対峙しながら都民生活に支障をきたさないよう、その都度知恵を出し終始議会をリードしてキチンと予算を成立させてきました。
今回の議会は特に改選前の最後の議会ですから、気を引き締めて責任を果たせるよう頑張ります。   

2013年2月17日日曜日

『第3回スポーツアワードまちだ』グランプリ決定

2月16日〔土〕第3回目を迎えた スポーツアワードまちだ《市内在住在勤者の全国・世界で活躍するスポーツ関係者及び選手・団体を顕彰する》 のグランプリが桜美林大学ソングリーディ部CREM《強豪アメリカを破って世界選手権初優勝》に決定致しました。 準グランプリはロンドンオリンピックにカヌー競技で出場した相原在住の海渕 萌さんでした。

決定に先立ち世界で、国内で、地域で、個人で、団体で、正に様々な形で町田にゆかりのある選手たちが活躍する、約58名〔団体〕のアスリートがエントリーされました。体協の会長として私を含む商工会議所 平本会頭、町内会自治会連合会 中里会長など複数の選考委員で厳正な審査を致しました。

世界の舞台で活躍してくれるアスリートが、町田から育つようスポーツ環境づくりにこれからも邁進します。

2020年オリンピック、パラリンピックが9月7日、日本に招致決定されればなおさらです。 尚、一部では元プロ野球選手で野球解説者の古田敦也氏による楽しいトークで盛り上がりました。


2013年2月12日火曜日

「スポーツ祭東京2013町田市実行委員会」開催

スポーツ祭東京2013(国体)町田市実行委員会(会長 石阪丈一)の常任委員会が開催され、(一財)町田市体育協会会長として私も出席いたしました。
2013年度事業計画についての実に中味の濃い協議会でした。

チラシ及びポスターの作製、配布、111日前、55日前の記念イベント、期間中のボランティアの募集、市民団体と協力した花いっぱい運動等々、広報や市民協力、大会開催に関する様々な内容でした。

開催当日まで協議回数を重ね、どこの区市町村より見事な開催運びが目標です。

真光寺川環境改善に向けて、「じゃかご」の設置が決定

真光寺町内会、広袴町内会、能ヶ谷町内会の会長さん他はじめ、真光寺川を清流にする会の皆さんで、真光寺川の環境改善に向けた取り組みについて東京都から説明を受けました。


このことは、昨年、平成25年10月に、東京都と町田市に対し、真光寺川の水質改善と流域の良好な生活環境確保に向け取り組みの要望を行ない、その回答として行なわれたものです。(その時の様子はこちら

町田市に関しては「餌をあげないで」看板の設置や、調整池入り口部分に「じゃかご」を設置したりと改善に向けた取り組みを開始した所です。

東京都に関しては当面の取り組みとして、「じゃかご」の設置を行なう同時に、地元のみなさんと情報交換を密にして、さらなる真光寺川の環境改善に向けた取り組みを約束したところです。


南多摩東部建設事務所で町内会と清流にする会のみなさんと懇談

2013年2月4日月曜日

「多摩モノレール町田方面延伸協議会」設置実現!

2月4日、これまでに強く要望してきた町田へ多摩モノレールを早期に延伸を求める協議会の設置が、実現いたしました。

これまでにも、再三にわたり、町田市に対し延伸を求める協議会の設置を行なうよう要望してまいりましたし、昨年夏にも、私と自民党町田総支部、自民党町田市議団で市長への直接要望を行なうなど、活動を続けてまいりました。

こうして、延伸協議会が設立された事は大変うれしいとともに、今後の延伸実現に向けての責任をしっかりと果たしてまいります。

正式名称は「多摩モノレール町田方面延伸協議会」となり、役員は会長を石阪丈一市長はじめ、市議会議長および、中里孝夫町内会自治会連合会長、商店会連合会副会長、平本商工会議所会頭、小山克己町田相模経済同友会会長、私も都議会議員の立場で役員に就任いたしました。

現在多摩都市モノレールの多摩センターより町田への路線は国の運輸政策審議会では「整備を検討する路線」として位置づけされておりその位置づけはたかくはありません。まずは2015年の「整備する路線」へ格上げを求め関係各機関に強く働きかけを行なってまいります。

当日は役員会に続き、総会、シンポジウムと開催されたわけですが、シンポジウムには市民の皆様はじめ、関係各機関の皆様に大勢お集まり頂きました。

※昨年夏の市長への要望の様子はこちら

石阪市長より協議会役員会の報告

私吉原も顧問に就任

石阪市長:団地の再生等、街づくりと一体的に進めたい

モノレール協会日野:整備とともに中心市街地の再開発なども重要
平本会頭:モノレール延伸は地域経済の活性化につながる

中里会長:路線住民より以前からモノレール整備に対する期待は大きい



2013年2月3日日曜日

町田市内各地で豆まき、節分

こんにちは、東京都議会議員吉原修です。

2月3日は町田市内各地の神社等で節分の豆まきが行なわれました。
私は地元の成瀬杉山神社をはじめいくつかの豆まきの行事に参加させていただきました。

多くの子供連れの皆さんが参加されていましたが、こうした行事を通じて、日本の古き伝統を知っていただく事は大変すばらしい事だと思います。

私も、ことしこそ不景気を吹き飛ばすよう威勢よく豆をまいてきました。



成瀬杉山神社、大変大勢の人で賑わっていました

豆まき前の、お祓い(成瀬杉山神社)

鶴間にある熊野神社

押田総代長からのあいさつ(熊野神社)

熊野神社も大勢の人出で賑わっていました

2013年2月1日金曜日

原町田七福会、「初七福」に出席


こんにちは、吉原修です。本日は、町田天満宮で「初七福」に出席いたしました。
お天気もよく骨董市開催で天満宮も賑わっており、大変縁起の良い一年のスタートになったと思います。今年はまずは景気回復、そして商店の皆様の商売繁盛をお祈りしました。

町田市政50周年記念に祭祀された七福神をを巡る原町田七福神巡りも大変人気があり、町田市外からも大勢の方がいらっしゃいます。一番の魅力はそれぞれの七福神が中心商店街を囲む配置になっており、商店街を横断しながらのコースになるため、途中で買い物や食事にとプラスアルファの魅力がとても人気です。距離も3キロ程度ですので慣れている方なら1時間強ででまわれますので、ショッピングや食べ歩きをしながら楽しまれる方もいらっしゃいます。

こうした町田のすばらしさをさらに発信してまいります。



平日にもかかわらず大勢の人出で賑わう町田天満宮の骨董市