2015年6月28日日曜日

【インターンレポート】2015年6月28日 町田市消防団ポンプ操法大会を見学して

吉原修事務所 学生インターン 桜美林大学 廣田悠大

第38回町田市消防団ポンプ操法大会を見学して

ポースを伸ばす団員
 2015年6月28日、町田リサイクル文化センター隣接地の駐車場にて行われました第38回町田市消防団ポンプ操法大会を見学いたしました。操法大会とは火災発生時における消火活動の基本となる消防技術の迅速性、正確性、安全性を競い合い、消防技術の向上と士気の高揚を図ることを目的として行う大会だそうで、地域の安全と安心を保つためにはなくてはならないイベントです。

 会場は町田市消防団の方々の気合と熱気で溢れ、さらに緊張感もひしひしと伝わってきました。さらに今まで一度に見たことのない数のポンプ車が停められていて圧倒させられました。消防団員の方にお話を伺ったところ町田市の消防団は分団ごとに照明車やポンプ車を有していて全国でもトップクラスの装備があるそうです。

 今回の大会は市内の5個分団での大会・選考会を勝ち抜いた計16隊の精鋭が出場したそうです。ポンプ操法が披露されるのを間近で見て、ポンプ車の乗り降りの機敏さからポースを伸ばす動作に至るまで、消防団の方の手際の早さに魅了されました。また、各チームに様々なカラーがあり、地区ごとにそれぞれ多様性があると感じました。

 今回の見学で日々、私たちの生活を守ってくださっている方々の活動を知ることが出来ました。多くの方が万が一の災害に向けて地域を守っていただいている事を実感することができ、感謝の気持ちで一杯です。これからは私も地域に貢献するような活動を行いたいと思うようになりました。

ポンプ車に乗り込む団員

的に目掛けて走る団員

放水している様子



2015年6月16日火曜日

「花粉の少ない森づくり募金」活動にご協力ありがとうございました。

都民の4人に1人が花粉症と言われ、喫緊の課題である花粉症対策として、多摩地域の花粉の多い杉から花粉の少ない杉への植え替えを進めています。
私の所属する「東京都議会花粉症対策推進議員連盟」では、
「花粉の少ない森づくり募金」活動に協力しており、町田で取りまとめた募金を事務局に渡してまいりました。
東京都に対しご寄付を頂きました皆様に、改め御礼申し上げます。


2015年6月14日日曜日

操法大会にお伺いしました。

午前は町田消防団第4分団、午後には第五分団の操法大会にお伺いしました。
近年は、都市化の影響で、特に日頃の練習場所の確保に大変苦労しているのですが、ぜひともご理解を頂きたいと思います。
ご家族がありながらお仕事がありながら、日夜私達町田市民の安全安心の暮らしを守るためにご苦労いただいておりますことに、改めて敬意を表します。



2015年6月13日土曜日

町田消防少年団徒歩訓練に激励

町田消防少年団による、恒例になりました徒歩訓練の激励に休憩ポイントの忠生分署に伺いました。
消防少年団育成会の志水会長さんはじめ、多くの方々も激励に駆けつけています。
大地沢青少年センターより町田署までおよそ26キロを徒歩で移動する訓練です。子どもたちにとっては決して楽ではない距離ですが、やり抜くことにより、良い思い出と経験になると思います。
八木消防少年団長を先頭に、子どもたちと一緒に深瀬町田署長、佐藤消防団長も歩行訓練に参加されています。
町田署まで残すところ6キロ、最後まで成し遂げてもらいたいです。


志水後援会長からの激励


2015年6月11日木曜日

町田街道常盤地区、振動対策に向けて現地で要望。

町田街道振動対策に向けて、常盤町内会のみなさんと現地にて東京都に対して要望を致しました。これまでにも周辺にお住まいの皆様より道路の大きな振動で大変困っていると、その改善の要望をいただいておりました。道路の振動対策とあわせて周辺環境整備を進めてまいります。



2015年6月10日水曜日

オイスカ議連でインドを訪問

5月13日から17日までの5日間、舛添都知事の親書をたずさえ、私がインド訪問団の団長として、オイスカ国際活動促進東京議員連合会メンバーで、インドを訪問し、「子供の森」計画参加校などを視察しました。

首都ニューデリーではデリー準州のアルヴィンド・ケジリワルデリー首相はじめ、政府要人と面談、環境問題や人材育成などについて意見交換しました。デリーメトロやJICAインド事務所を訪問しての日本の技術的・資金的援助の現状調査では、オイスカ北インド総局が連携して実施しているウッタル・プラデシュ州での参加型森林資源管理・貧困削除事業についても成果を確認。その事業に参加する同州アグラ市のセント・アンドリュー学校にも足を運び、教員や生徒とも交流しました。

日系企業のヤマハ モーター インディアでは、オイスカ高校留学生で卒業後に同社に入社したニディッシュ氏が、流暢な日本語で「インドと日本の架け橋になれることを誇りに思う」と挨拶。オイスカの人材育成の成果がインドの社会・経済の中に根付いていることが確認されました。